« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

EASY by ENIRA 2007

Easy国名:ブルガリア
品種:メルロー 100%

Bessa Valley Winery





フランス、ボルドー、サンテミリオン地区で「ラ・モンドット」などを所有するナイベルク伯爵が、ブルガリアで手がけたワイン。

ボトルにちゃんと、伯爵紋章があります。

2007年はファーストヴィンテージ。

まだまだ荒削りな感じ。

メルローのエレガントさは無いけれど、強さは感じる。

同じ価格帯のワインで比較してしまうと、まだまだ、という印象だけれど、今後に期待!というところだろうか。

なんてったって、ファーストヴィンテージですもの。

これ、何年か熟成したらまた違うかなぁ?

この価格で寝かせる気はあまりしないけれど、試してみようかなぁ~。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

Badiolo Chianti 2008

Chianti国名:イタリア
地域:Toscana
種類:サンジョベーゼなど
D.O.C.G.








もうかなり前、ワインを飲み始めた頃に、

イタリア料理店で飲んで

ちょっと軽めで、あまりいいとは言えない印象のあったキャンティ。

とはいえ、D.O.C.G

ってことで、久しぶりに飲んでみました。

合わせた料理は、我が家にあったナスと豚ヒレ。

スライスして層にして、トマトソースをかけ、とろけるチーズをトッピング。

トースターでチーズを溶かして、軽く焼き色をつけて。

これがなんと!ワインにぴったり!!!

最初にワインを飲んだ印象は、ちょっと軽めかな?でしたが、

食事と一緒になると、とっても印象が変わる!!!

美味い!

食事と一緒に楽しめるワインでした♪

フランスワインで感じるような、繊細さとか、複雑さって

それはそれで必要だけれど、

こういう楽しめるワインもいいですね。

トマトソースとチーズ以外のものと合わせても

美味しいかどうか・・はわかりません(笑)

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

Australian Terroirs Barossa Chook White 2007

At国名:オーストラリア
地域:南オーストラリア
品種:シャルドネ 100%

ワインのインポーターの「ラ・ラングドシェン」社長のロナルド・ブラウン氏が2004年に設立したワイナリー。


畑自体は、1987より、バロッサ・リッジ・ヴィンヤードとしてブドウを作っている。

そこの低価格帯ワイン、といった位置付けだろうか・・?

マーヴェリックの「セカンド」と書いてあるサイトもあったけれど。

ネットで検索しても、ヒットするほとんどがレストランなどのワインリスト

というところから、主にレストランへの販売されているようだ。

一般消費者への販売が少ないので、欲しい情報がヒットしません(笑)

このワインは、ダンナが会社のパーティで出されていたのを飲んでみて、気に入ったらしい。

パーティの飲み放題で出すくらいだから、お手頃な値段のワインです。

樽の効いたバタリーなニュアンスがあり、デイリーワインとしてはかなりコスパがいいと思います。

お手頃価格で、ちょっと重めのワインが飲みたい時にオススメ♪

って、なかなか手に入らないかも知れないけど・・・

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

Chateau Lynch-Moussas 1999

Lm国名:フランス
地域:Bordeaux(Pauillac)
種類:カベルネ・ソーヴィニヨン 65%、メルロー 30%、カベルネ・フラン 5%

ポイヤックの格付け5級ワイン



「テロワール・アトラス」によると、

排水がやや劣るので土壌のポテンシャルはやや下がる。大雨は降ると上部の帯水層が水を含み、ぶどう果が水ぶくれになるまで、ぶどう樹に充分水分を補給してしまうことが見られる。

だ、そうです。

1999年9月20日以降、ボルドー全域で大雨だったようなので、このランシュ・ムーサの収穫はどうだったんでしょうか?

1999年の評価自体ネットでなかなかヒットしませんが、酷評もないことからその前に収穫できたんでしょうか?

さてさて、この日はスペアリブをトマトデミグラスソースで煮込んだモノと一緒にいただきました。

やっぱり「肉」はあいますね。

格付け5級で、重すぎず、軽すぎずな具合がトマトデミグラスソースと合いました。

が・・・・

一緒に煮込んだ、玉葱と、カブと全くあわない・・・

酸味が際だってしまいます。

同じソースの中にいるのに、ワインと一緒に口に含んだ印象は、素材で全く違います。

にんじん、ジャガイモは大丈夫。

うーん・・・・

これからは、玉葱を入れない煮込みにする・・・?

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

野生的になった・・・か?

マルセル・ルショーのヴァン・ど・ターブル。

珍しくチョコが興味を示していた。

なので、チョコちゃんがテイスティング♪

ソファの向こうでなにやら、バッタンバッタンと音がする・・・

Tasting

グリくんが緑のクマさんのヌイグルミ相手に格闘していました。

Wild1

何年も遊んだヌイグルミは、かなり生地が弱くなり、

そこからワタが出てくるようになってしまったのでした。

今まで破壊活動などしたことの無かったグリですが、

そうなると野生に戻って、内蔵を取り出したいようで・・・

Wild2

もう使い物にならなくなりました(;ω;)

何年もグリと遊んでくれてありがとう!

ミドリのクマさん。

これからは、ミドリのお月様がグリのお相手です!

Moon_3   

よろしくね♪

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

Marcel Richaud Vin de Table de France Rose

Mr国名:フランス
地域:コート・デュ・ローヌ
品種:カリニャン、グルナッシュ、サンソー


マルセル・リショー:コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュのケランヌでワイン造りをしている。天然の酵母を利用し、できるだけ手をかけず、最少のSO2でテロワールを表現している。





ヴァン・ド・ターブルですが、テロワールの表現を重視しているためか、裏ラベルに使用したテロワールが書いてありました。


Mr_2

近所のスーパーで売っていたので買ってきました。ヴァン・ド・ターブルで2500円くらい。
ネットで調べると、ケランヌだと4,000円代。

最初の印象は・・・「何?これ?わからん!」でした。

スパイシーなんだけど、果実もそれほど強いとは感じられず、でも薄くはない。

平日だったので、3日間で飲んだけれど、あまりヘタれていない。

うーん・・・・わからん・・・

ってことでしばらくしたら、また飲んでみようっと。

また印象が変わるかもしれない。

もしかして、私マルセル・リショーにはまったか??
と思える1本でした。

Mr1
オイラたちも、好きだから 、もっとクレ!!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »